つみき

不動産買取をお得に進める秘訣|みんなの家との付き合い

不動産を売る時の流れ

電卓と積木

所有している不動産を売るという時は、不動産買取業者に依頼する必要があるでしょう。流石にリサイクルショップのように簡単に査定して買取という流れにはいきませんが、まずは無料で査定をすることで大まかな所有物件の資産的価値を知ることが出来るでしょう。大まかな査定はインターネットサイト上で可能で、所有する物件の情報と築年数などを入力することで査定金額が表示されます。この金額はあくまでもおおまかな値であり、大きく異なる場合もあります。最終的には不動産査定会社などに依頼することが大切で、査定することでほぼ確実な金額を知ることが出来るでしょう。実際に査定をする時は様々な相談やアドバイス等を聞くことが出来ます。査定会社には様々なノウハウがあり、より高く売ることが出来るような流れにすることが期待出来ます。

物件の査定は書類上だけで行なうというのはほぼありません。実際に物件に査定会社の調査スタッフが訪問し、建物の状態をチェックしながら土地単価や地盤や環境などについても調べられます。住宅内部もチェックすることになるためある程度片付けておくべきでしょう。査定額が決まったら仲介契約を結ぶことになります。仲介契約を交わしてしまうともう後戻りは出来ないため、契約前にはしっかりと確認をしておくべきでしょう。一旦契約が完了すると住宅を販売できる形にするため、住宅内外部を整えたりなどの住宅工事が始まる場合もあります。この工事はケースバイケースで現状での販売も行われます。販売活動が始まり、実際に購入者が現れるまで不動産買取会社によって中古物件として扱われます。経過報告などを受けながら購入者が現れるまでひたすら待つことになり、購入者が現れたら様々な細かい条件との調整をし売買契約を結びます。このように思っている以上に住宅を売るまではステップが多いですが、早ければ数ヶ月単位で売買が完了することもあります。

競売する前に

相談

任意売却は競売よりも高い価格で取り引きができるといわれています。ローンの返済が滞ってしまっているという状況なら、お得な売却の方法について考えておくことが重要になります。

もっと読む

不動産の現状

内観

インターネットの普及に伴って、不動産のあらゆる情報を簡単にゲットすることができるようになっています。よい不動産を見つける為にも、ネットで確認した時には不動産会社にアポをとって物件を目で確かめるのが良いでしょう。

もっと読む

税金に関すること

アパート

不動産は、とても大きな所有物になりますが、売買することはできます。ですが、売買するとなればそのことについてある程度知っておかないと自分にとってデメリットなことになりますので基本的なことだけでも調べておきましょう。

もっと読む