税金に関すること|不動産買取をお得に進める秘訣|みんなの家との付き合い
女性

不動産買取をお得に進める秘訣|みんなの家との付き合い

税金に関すること

アパート

不動産を売る場合、そこには税金が課税されることになります。個人が不動産を売るとなると、主に課税されるのは所得税となります。ただ、所得税と同じくらい忘れてはいけない税金があります。それは、住民税です。住民税を課税されることについて注意しておきたいのは、その課税時期です。住民税はその年の収入を基に計算されます。ただ、所得税と違い、すぐには課税されません。翌年になってようやく課税されることになります。2年目になると、会社からの給与が減ってしまうとよく言われますが、これは住民税によるものです。不動産を売る場合も、売った翌年は注意が必要です。翌年の5月頃になると、納付通知書が届き、それで納付することになります。その頃までに、忘れずに納税資金を用意しておきましょう。

住民税について知っておいてもらいたいことが、もう一つあります。それは、所得税と同じように計算されるということです。所得税は、売却金額と購入金額等との差額に税率を乗じて計算されます。住民税も所得に課税されるため、同じ形になっています。税率については、所得税では所有期間に応じて税率が決まります。これについても、住民税は同じ形になっています。所有期間が5年を超えると税率が下がるというのも同じです。似ているのは計算方式のみではありません。特例制度についても同じように適用されます。例えば、3000万円の特別控除制度です。所得税にあるこの特例制度は、住民税にもあります。所得税を節税できる対策は、住民税も節税できると覚えておいて下さい。不動産を売る際は、積極的に節税対策をして、ダブルで得してしまいましょう。